読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EINの取得とW-8BENの提出

すでに2度アプリは公開しているのだが、Tex Infoがまだ未登録だった。で件のAppleイベントで聞いたところによると利益の初回支払いまでに登録を完了しておかないと日本とアメリカでダブル課税される、と聞き腰を据えて提出することに。
でW-8BENを記入する際に必須の納税者番号をまだ取得していなかったので、昨日の深夜24時に米国のIRSというところに初めての国際電話。普通にiPhoneから国際電話をかけようとしたら事前に契約が必要とのこと。でいろいろ調べるとEasyDialというサービスがあったので、それ経由で電話。1分で24円。
http://easydial.jp/
で、IRSにつながったのだけど込み合っておりずーっと待たされる。20分くらい保留音のバッハの音楽を聞きながらうとうとしていると、いきなり英語のにいちゃんがでてきて、EmployeeNumberがxxxxの誰々です、みたいな感じの自己紹介。で、お前はEINを取得したいのか?みたいなことを聞かれ、ちょっとまてと言われて3分ほどまた待つ。その後、お前手元にss-4という書類はあるかと聞かれる。事前にss-4は埋めておいたので、あとはこのフォームの内容を正確に口頭で伝えるのみ。注意点としては「トーキョー、シナガワ」と言っても通じないので、正確に「ティーオーケーワイオー・・」とスペリングを伝える必要がある。nとmが聞こえなかったらしくnotifyのnか?とか聞かれたりした。何度もパードゥン?と聞き直したので、いつか怒って電話きられるんじゃないかと思ったが、耐えてくれました。全ての項目を伝えきったらちょっとまてといわれ、しばらくして今からお前のEIN言うからな〜リピートアフターミー、みたいなやりとりをして、無事EINを取得。やれやれ。
ちなみに俺の英語電話の狼狽ぶりはムービーとして撮影しておいたので、いつかYoutubeに公開するかもしれない。ずーっと、アウアウ、、オ〜ゥ、イェス、あ、ぁ、ぱーどぅん?
20分以上苦しい会話に耐えてくれた担当のにいちゃんに対して最後に「Thank you for everything」といったら「No Problem」と答えてくれた。耐え忍んでくれてありがとう。。