読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正月対決

ちなみに、「正月、そして圧倒的な暴力」が弟(私)・作で、「正月」が兄・作です。

正月

大きなプロジェクトに失敗し、肩を落としながら俺は川崎のアパートの玄関を開けた。淀んだ空気がワンルームを支配する。 今日は何もしたくない。エンジニアとしての情熱はもうない。 部屋に入りソファーに座る。ネクタイを外すと壁に投げつけた。そして天井…

正月、そして圧倒的な暴力

時計の針は深夜26時半を示している。少年はそっとベッドから抜け出す。 肩から望遠鏡をぶら下げ、両親を起こさないように、慎重に玄関の鍵をはずし、外に出る。 「27時に、小学校の校庭に集合な」という友人との約束。 今日は一番の友人と一緒に、夜空を…

キャットウーマン

とある土曜日の午後。僕は母親、そして飼い猫と台所で昼食をとっていた。ふと玄関の方で誰かの声がする。母親は玄関にでる。どうやら来客のようだ。台所にいるのは僕と飼い猫。僕は昼食を食べ終え、台所に備え付けのテレビを眺めていた。すると飼い猫が台所…

隣人へ

なんだよ。ベランダにネズミの死骸が落ちてやがる。きたねえ。 汚いから、隣の部屋のベランダに転がしておこう。へへ。 〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 103号室にお住まいの方へ 急なお手紙申し訳ありません。 私は、当マンション102号室の住人でございます…

ペトリ皿

水が飲みたくて飲みたくてたまらない。その男は悲しいことがあると水が飲みたくてたまらなくなる。自宅の台所でその男とお茶を飲んでいたのだが、一瞬目をはなすと、男の姿は消えてなくなっていた。そして、男が座っていたイスには理科の実験で使うペトリ皿…