読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャットウーマン

ショートショート

とある土曜日の午後。僕は母親、そして飼い猫と台所で昼食をとっていた。ふと玄関の方で誰かの声がする。母親は玄関にでる。どうやら来客のようだ。台所にいるのは僕と飼い猫。僕は昼食を食べ終え、台所に備え付けのテレビを眺めていた。すると飼い猫が台所のテーブルに飛び乗ってくる。



キャットウーマンの物真似していいですか?」



唐突に誰かが僕に話しかけてきた。しかし台所には僕と飼い猫しかいない。僕はテーブルの上にいる飼い猫に目をやった。



キャットウーマンの物真似していいですか?」

「ああ、いいとも」



僕はあっけにとられ、飼い猫に気のない返事をした。

飼い猫は低く身をかがめ、甲高い鳴き声をあげた。これが「キャットウーマンの物真似」らしい。



「僕がかっている犬のことは知っているか?」

「知っていますよ」



「仲良くやってくれている?」

「はい、もちろん」



という夢をみた。